主な災害の概要:[1]西日本大水害

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

主な災害の概要:[1]西日本大水害

梅雨前線末期の停滞した湿舌により、九州北部から中部にかけては、累加雨量1,000mmを超える地点もあり、特に筑後川や白川を中心として、各地において、今だかってない記録的豪雨となり、死者・行方不明者999名など九州において最も悲惨な水害となった。

筑後川

被害状況

  • 死者 147名
  • 負傷者 4,999名
  • 全壊家屋 1,662戸
  • 流出家屋 1,305戸

倒壊家屋

医大周辺

小森野橋

白川

被害状況

  • 死者、行方不明 422名
  • 罹災者総数 388,848名
  • 流失及び全半壊戸数 9,102戸
  • 浸水家屋 31,145戸
  • 農地流失埋没 13,717ha
  • 農地浸冠水 29,797ha
  • 橋梁流失 85橋(熊本市内 14橋)
  • 被害総額 241億円(現在価値換算1,700億円)

代継橋

大甲橋

上通

下通 横丁

子飼

大甲橋から銀座橋方面

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ