主な災害の概要:[3]梅雨前線豪雨(熊本県)

主な災害の概要:[3]梅雨前線豪雨(熊本県)

昭和38年8月17日9時頃から集中的に襲来した豪雨は、九電五木川第2発電所の観測によると12時から13時までの時間雨量140mmに達するという空前の降雨となり、川辺川水系の五木村、相良村においては、随所に山津波が発生し、山津波と濁流は、尊い多数の人命と、貴重な施設、住家、山林、田畑を流し去った。

被害状況

  • 死者、行方不明 12名
  • 全半壊流失家屋 212戸
  • 浸水家屋 296戸
  • (出典:昭和38年熊本県災害誌 熊本県)

昭和38年8月 五木村平野地区

昭和38年8月 五木村横手谷地区

昭和38年8月 五木村小椎葉谷地区

昭和38年8月 五木村三方谷地区

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ