主な災害の概要:[4]えびの地震

主な災害の概要:[4]えびの地震

えびの町真幸地区において、昭和43年2月21日8時51分に震度5の強震を観測したのをはじめ、3月25日の1時21分に震度5の強震を観測するまで、震度5以上の地震が計5回発生した。このため、被害は宮崎、鹿児島、熊本の3県に及び、なかでもえびの町およびその南西に接する吉松町では激甚な被害が発生した。

被害状況

  • 人的被害
    1. 死者 3名
    2. 負傷者 44名
    3. 罹災世帯数 5,175世帯
    4. 罹災者数 20,242世帯
  • 建築物被害
    1. 住家
       全壊 498戸
       半壊 1,278戸
       一部損壊 4.866戸
    2. 非住家 2,199棟
  • 交通被害
    1. 鉄道 3箇所
    2. 道路 226箇所
    3. 橋梁 22箇所
  • 耕地の埋没 57.3ha
  • 林地崩壊地 449箇所
    (えびの地震の記録:宮崎県総務部消防防災課 昭和44年9月30日)

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ