主な災害の概要:[7]一般国道大分10号土砂崩落

主な災害の概要:[7]一般国道大分10号土砂崩落

梅雨前線に伴い7月4日の降り始めから232mm(累積)に達した7月14日深夜に発生した。国道10号大分市大字上戸次地先で大規模な斜面崩壊がおこり、土砂が既設の防災トンネルを破壊し全面通行止めとなった。幸い、車両の埋設もなくケガ等の人命の被害はなかったが、大動脈10号の切断は市民生活に大きな打撃を与え、平常通行に至ったのは翌年の6月となった。

大分市大字上戸次(上尾洞門)

大分市大字上戸次(上尾洞門)

大分市大字上戸次(上尾洞門)

大分市大字上戸次(上尾洞門)

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ