主な災害の概要:[9]御船川激特

主な災害の概要:[9]御船川激特

緑川水系御船川は、昭和63年5月3日の温暖前線の影響により、熊本県中部地方で時間雨量94ミリを記録する集中豪雨となり、計画高水位を上回る出水に見舞われた。この異常出水により、御船町では各所で溢水氾濫がおこり1、159戸の家屋が浸水し、直轄管理区間の堤防が約30mにわたり越水破堤する大水害となり、甚大な被害を被った。

被害状況

  • 死者 2名
  • 全壊家屋 10戸
  • 半壊家屋 22戸
  • 床上浸水 638戸
  • 床下浸水 521戸
  • 田畑の冠水 992ha
  • 破堤 29m
  • 橋梁流失 1橋

室内被害

水神被害

破堤復旧

流失した石橋

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ