主な災害の概要:[12]台風19号

主な災害の概要:[12]台風19号

平成3年9月27日に上陸した台風19号は、中心気圧935hpa、中心付近の最大風速は50m/sと大きく、九州北部のほとんどの各気象台及び観測所において最大風速が統計開始以来最大を記録した。その結果、九州北部の山林において、大規模な風倒木が発生し、筑後川、山国川においては、長期にわたり流木・土石流による二次災害が懸念されている。

筑後川

大分県玖珠町


熊本県小国町


大分県天瀬町
 

山国川

被害状況

  • 山林において多くの風倒木が発生

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ