主な災害の概要:[16]台風19号(北川激特)

主な災害の概要:[16]台風19号(北川激特)

平成9年9月13日より降り始めた雨は、傾山の麓の上祝子(かみほうり)観測所では累計雨量で700ミリ以上、時間雨量で61ミリ/1時間の豪雨を記録し、延岡市、北川町を流れる五ヶ瀬川水系北川の越水により、延岡市、北川町市街部で床上浸水など甚大な被害が発生し、1名が亡くなった。また、唯一の幹線である国道10号、JRの一部が浸水するなど、市民生活に大きな打撃を与えた。
この水害は平成9年の河川法改正後、初めてとなる大規模な洪水被害で、その後の河川改修においては「環境」への影響を出来るだけ少なくする方法が取られている。

被害状況

  • 死者 1名
  • 浸水面積 878ヘクタール
  • 全壊 1戸
  • 軒下浸水 154戸(事業所含む)
  • 床上浸水 1,123戸(事業所含む)
  • 床下浸水 616戸(事業所含む)
  • 社会福祉施設 6施設
  • 病院 2施設
  • 学校等 4施設

延岡市

延岡市

北川町

北川町

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ