主な災害の概要:[17]福岡水害(H11.6.29)

主な災害の概要:[17]福岡水害(H11.6.29)

平成11年6月29日明け方より降り始めた雨は、77ミリ/1時間の豪雨を記録し、福岡市を貫流する御笠川(福岡県管理)が氾濫するなど、福岡市街部で甚大な被害が発生し、地下に取り残された従業員1名が亡くなった。また、博多駅周辺では1m程度の浸水被害が発生し、道路、JR、福岡市営地下鉄の一部が運休するなど、市民生活に大きな打撃を与えた。
この水害は我が国の都市部、特に地下空間における問題提起となった。

博多駅筑紫口

博多駅筑紫口

博多駅東

福岡市営地下鉄博多駅

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ