主な災害の概要:[18]台風18号(高潮災害)

主な災害の概要:[18]台風18号(高潮災害)

平成9月23〜24日に来襲した台風18号は熊本県牛深市で最大瞬間風速66.2m/sを記録し、八代海沿岸域では、大潮の潮位上昇時間帯に通過したこと、通行方向に湾口が開いた湾奥部という条件が重なり、既往最高の異常潮位による未曾有の高潮災害が発生し、不知火町では高潮により12名の尊い人命を失い、港湾施設にも被害が発生した。

被害状況

  • 死者 12名
  • 浸水家屋 18戸(床上 9戸、床下 9戸)
  • 浸水面積 農地53ha
  • 公共土木施設 1,566m(堤防天端及び前面躯体破損、裏法面崩壊等)
  • 被災港数 66港

写真提供:不知火町

写真提供:不知火町

写真提供:不知火町

写真提供:不知火町

写真提供:不知火町

下関港長府地区臨港道路(下関市)

北九州港新門司地区マリーナ(北九州市)

一町田港主留地区護岸(熊本県)

獅子島港柏栗地区防波堤(鹿児島県)

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ