主な災害の概要:[19]福岡水害(H15.7.19)

主な災害の概要:[19]福岡水害(H15.7.19)

梅雨末期の豪雨により、7月19日御笠川上流の太宰府市で時間雨量99mm、累加雨量361mmを記録し、太宰府市原川で土砂災害が発生し1名が亡くなった。また平成11年に浸水した下流地区は、激甚災害対策特別緊急事業実施中の御笠川が氾濫し、特に博多駅周辺での被害が著しく、JRや地下鉄において浸水により長時間にわたり影響を及ぼした。

博多駅筑紫口

博多駅筑紫口

博多駅東2丁目

福岡市営地下鉄博多駅筑紫口

災害支援中の国土交通省ポンプ車

国土交通省の排水ポンプ

▲主な災害の概要の一覧へ戻る

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ