旧 春 吉 橋 の 概 要 及 び 老 朽 化( 昭 和 3 6 年 架 設 か ら 6 0 年 以 上 )

旧春吉橋は、昭和36年(1961年)架設から60年以上が経過しており、下部工の損傷が著しく、感潮区間(河口から約1.5km)にあるため、塩害も進行していました。さらに基礎が木杭であるため、地震に対する十分な耐力が期待できませんでした。
また、旧春吉橋が架かる那珂川は、平成21年(2009年)7月の中国・九州北部豪雨で流域に甚大な浸水被害が発生しており、福岡県で河川改修事業を進めています。旧春吉橋は橋脚の間隔が短く、川幅も狭くなっていたため、治水上のネックとなっていました。
これらの課題を解消するため、平成25年(2013年)度より、旧春吉橋を架け替える事業に着手することとなりました。

那 珂 川 河 川 改 修 事 業( 福 岡 県 )

河川の流下能力向上に向けた河川改修事業を行っています。

修景護岸整備状況(春吉橋より下流を望む)

整備前

整備後

河川流下断面を阻害(那珂川)

径間長が短く、治水上のネック箇所となっていました。

河川改修による水害の抑制

春吉橋架替事業と合わせて河川改修事業(福岡県)を行うことにより、治水能力が向上します。

平成21年7月豪雨(平成21年7月26日)
(住吉橋右岸より上流側を望む)

旧春吉橋周辺の道路の冠水状況(平成21年7月26日)
(住吉橋左岸より上流側を望む)

地 下 鉄 七 隈 線 延 伸 事 業( 福 岡 市 )

福岡市地下鉄七隈線は、福岡市西南部地域の慢性的な交通渋滞を緩和し、効率的で利便性の高い公共交通体系の確立を図るとともに、均衡あるまちづくりを推進するため計画され、平成17年2月3日に橋本〜天神南間を開業しています。
現在、安全対策に万全を期しながら、天神南〜博多間の延伸事業を進めており、令和4年度開業を目指しているところです。

地下鉄路線図(都心部)

延 伸 区 間 天神南~博多
建 設 キ ロ 約1.4km (営業キロ 約1.6km)
建 設 費 約587億円
開 業 予 定 2022年度(令和5年3月)
工     法 全線地下式(開削工法、シールド工法、ナトム工法、アンダービニング工法)
乗 車 人 数 約8.2万人(需要定着後)(うち新規利用者数※は約2.3万人) ※マイカーなどから乗り換えて新たに地下鉄を利用する人数

七隈線延伸のメリット① 都心の移動がさらに便利になります

西南部からの移動だけでなく、市内各方面から来られた方の都心部での移動についても、移動時間が短くなり、利便性が向上します。

七隈線延伸のメリット② 都心部の活力と魅力の向上が期待されます

七隈線の延伸を契機として、まちづくりの目標を示す「地下鉄七隈線(天神南~博多)沿線まちづくりガイドライン」が官民共働で策定されるなど、都心部の活力と魅力の向上が期待されます。

開通までのスケジュール