川辺川の流水型ダムに関する環境影響評価方法レポート</font>

川辺川の流水型ダムに関する
環境影響評価方法レポート

 川辺川の流水型ダムについて、環境影響評価法に基づく環境影響評価方法書に相当する「川辺川の流水型ダムに関する環境影響評価方法レポート」を公表するとともに、説明会の開催や意見の募集のための縦覧を始めます。
 住民の「命」を守り、さらには、地域の宝である「清流」をも守る「新たな流水型のダム」を国に求めるとの熊本県知事の表明も踏まえ、令和4年8月に策定した球磨川水系河川整備計画【国管理区間】において位置づけられた川辺川の流水型ダムについて、環境影響評価法に基づくものと同等の環境影響検討を実施することとしています。令和3年5月21日記者発表
 「川辺川の流水型ダムに関する環境影響評価方法レポート」(以下「方法レポート」)は、環境影響評価法の環境影響評価方法書に相当するものであり、その作成にあたっては、関係法令に準拠し、環境影響評価の項目並びに調査、予測及び評価の手法の設定等を行い、「流水型ダム環境保全対策検討委員会」での議論を経て、この度とりまとめましたので公表いたします。
 これに伴い、環境影響評価法に準じ、方法レポートの公告・縦覧及び方法レポートに対する一般意見聴取、方法レポート説明会を行います。意見聴取にあたっては、環境の保全の見地から意見のある方は、書面により意見を提出することができます。方法レポート説明会については関係法令に準じて、下記に記載の7市町村において開催します。


■記者発表資料  【PDF】

■公 表 資 料 ○川辺川の流水型ダムに関する環境影響評価方法レポート
         ○川辺川の流水型ダムに関する環境影響評価方法レポート要約書
         ※令和4年11月14日に公表しています「方法レポート」に誤植がありましたので 
          令和4年11月25日時点で修正を行っています。詳細は正誤表をご確認ください。
         ○正誤表

■縦 覧 期 間 ※縦覧期間は終了しました。
        
■意見書提出期間 ※意見書提出期間は終了しました。

■意見書提出方法 縦覧場所に設置されている意見箱への投函【令和4年12月28日(水)の各設置箇所の
         閉庁時間まで】
         または以下へ郵送【令和4年12月28日(水)消印有効】、メール/FAX【令和4年12月
         28日(水)17時まで】
         ※いずれも意見書様式を使用して書面(メールの場合はファイル添付)での提出を
         お願いいたします。
         意見書の提出の詳細はこちら
         意見書様式のダウンロードはこちら→【Word】【PDF】

■方法レポート説明会 開催場所・日時は以下の通り ※令和4年11月30日に終了しました。

方法レポート説明会の詳細はこちら

 ■説明会の取材 報道関係者で、方法レポート説明会の取材を希望される方は下記の受付期間内に、          メール、郵送、FAXのいずれかの方法で取材申込書を提出してください。
  <受付期間> ※取材受付期間は終了しました。

 ■方法レポートの説明動画 ※縦覧期間及び意見募集は令和4年12月28日で終了しました。

 ■方法レポートの用語集 方法レポートの用語集はこちら

 ■参考 第4回流水型ダム環境保全対策検討委員会でお示ししたダム施設における着眼点と 
     検討例はこちら
        
〒868-0095
熊本県球磨郡相良村大字柳瀬3317
国土交通省 九州地方整備局 川辺川ダム砂防事務所 調査課
電話 (0966)23-3174 FAX (0966)22-1293






| トップへ |