トップ北九州の五街道を往く長崎街道を往く(国道概要)小倉・大里
『北九州の五街道を往く』より
長崎街道を往く
各パンフレット紹介
国道概要 街道物語 今昔地図
まち・史跡≫ 小倉・大里 黒崎 木屋瀬 飯塚 内野 山家・原田

小倉・大里(だいり)
柳御所
▲柳御所  
常磐橋
常磐橋
 
▲常磐橋  
小倉城
▲小倉城
「帆は横にまかり(曲がり)、船かたふき(傾き)」。これは司馬江漢が関門海峡を九州へ渡ったときの様子です。風の中、着いた所が内裏(今の大里)。源氏に追われた平氏が安徳天皇のためにこのあたりに柳の御所という御座所をつくったことから、こう呼ばれるようになったのです。ここ内裏は下関への距離が一里半(六キロ)と小倉からの半分です。このために江戸時代中期以降は司馬江漢や河合継之助のように九州への第一歩を内裏に印す人が増えました。シーボルトも「風が強いときは内裏から渡るのだ」と書いています。このことから長崎街道の起点を内裏とする説もあるのですが、ここでは従来通り小倉の常磐橋を起点として、筑前六宿街道の旅を始めたいと思います。常磐橋はシーボルトの『日本』に載せられた挿絵通りに再建されています。歴史を伝えるべく、この橋や小倉城の再建に取り組んだ町の人々の心づかいが嬉しく感じられます。小倉を後に、筑前六宿第一の宿・黒崎へ向けていくと、国道三号をそれた新日鐵の社宅のかたわらに三条の国境石を見ることができます。境とは豊前小倉藩と筑前黒田藩の境です。両藩は領地をめぐって何かといさかいがあり、国境をはっきりさせるために、この石が建てられたということです。小倉藩は徳川譜代の小笠原家、黒田藩は外様大名ということも影響していたのでしょうか。
 

その他パンフレット紹介≫ 海の道 陸の道 中津街道 燃え石の道 長崎街道 香春道・秋月道


Copyright © 2002 国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所. All rights reserved.
道千キロ漫歩