トップ官道〜街道〜国道へ ≫ 五畿七道
道の歴史を知ろう!
官道〜街道〜国道へ 五畿七道
各カテゴリへ

五畿七道
イメージイラスト 「五畿七道」の「五畿」とは大和、山城、河内、和泉、摂津の都を中心とした畿内の5つの国の事で、「七道」とは東海、東山、北陸、山陰、山陽、南海、西海の7つの官道と、これにつらなる国の領域を表しています。
特に都より山陽道・西海道を経て太宰府までつながる道を大路、東海道・東山道を中路、その他の道と太宰府より九州各地へと向かう西海道を小路と呼びました。
大化改新以降、中央集権的な律令国家を形成してゆくなかで、中央と地方の国府を結ぶこれらの道は非常に重要な役割を担いました。この道を「駅路」言い、この駅路には30里(約16km)ごとに駅が設けられ、駅舎や駅馬、伝馬を置き、国司・公使の往来、政令の伝達、地方からの報告や急報などが、円滑に行われる為の制度「駅制」が定められていました。
また、日本で最初の計画的な幹線道路網である駅路は、地形的な制約を受けながらも中央と各国府間の最短距離を出来るだけ直線で結びます。こういった道としての機能性は現代の高速道路にも共通する部分が多く、この二つの道路は各所で非常に近くを通っています。

 

西海道 西路・東道 九州地図
この頃の九州の道は筑紫にある太宰府を中心に各地へとのびていました。当時の太宰府は中国や朝鮮にむけての窓口であり外交、防衛上の重要な拠点で、その太宰府から都へ続く道は太宰府官道(大路)として七道の中でも特別に扱われていました。
この道は、太宰府から杜崎(北九州市門司区)を経て、早鞆瀬戸(関門海峡)を渡り山陽道を通り都へと続きます。
また、太宰府より豊後、日向へと向かう道を東路。おなじく太宰府から肥後を経て薩摩へと向かう道を西路と呼びました。この他にも太宰府から豊前へ向かう田河(田川)道や肥前より島原半島に至る肥前路。筑前から肥前登望(小友=とも)へ向かい、そこから壱岐、対馬へ渡る道を壱岐・対馬路とされました。
九州で発見された官道の遺跡には、道幅が8〜9メートルで側溝も2メートルを超えるものもあり古代の道の規模が意外と大きかった事を伺わせます。
なお、各官道には次のような駅が設けられていました。
◆太宰府官道(大路)
  杜崎〜到津〜独見〜夜久〜嶋門〜津日〜席打〜夷守〜久爾〜太宰府
◆東路(豊後道:小路)
  到津〜刈田〜多米〜築城〜下毛〜宇佐〜安覆〜(豊後方面へ)
◆田河道(小路)
  到津〜田河〜綱別〜伏見〜太宰府

 

史跡一体型の「道の駅」しんよしとみ
「道の駅」しんよしとみ 一般国道10号の福岡県と大分県の県境付近に位置する『道の駅』「しんよしとみ」の隣には、国指定史跡である「大ノ瀬官衙(だいのせかんが)遺跡」があります。
七道のひとつ西海道(九州地方)の東側を通る東路と支道で結ばれた郡の中心地でこの遺跡からは約150メートル四方を柵で囲んだ跡が発見され、規則的に配置された柱穴の様子などから、役所の中心となる正殿や脇殿などの建物があったと考えられています。郡衙全体の様子が把握出来る例は全国的にも珍しく、古代の役所の構造を知る重要な手がかりとして注目されました。

 

各カテゴリ紹介≫ 道のはじまり 五畿七道 五街道・脇街道 国道表 北九州の国道 明治の道の遺産 大正の道
  建設機械黎明期                        


Copyright © 2002 国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所. All rights reserved.