通行規制を解消し、安全信頼性の向上

冬季の積雪や路面凍結による通行規制及び異常気象時通行規制区間を解消します。

国道322号八丁峠道路は、大型車の離合が困難な区間や線形不良区間の隘路を解消するとともに、
冬季及び異常気象時の通行規制区間の解消を目的とする道路です。
2019年度の開通に向けて、工事を進めています。

 八丁峠道路イメージ写真(朝倉市千手付近より嘉麻市方面を望む)

事業計画概要

路線名 国道322号
箇所名 八丁峠道路
延長(km) 4.5
幅員(m) 7.5
構造規格 3種3級
都市計画決定
事業化年度 H18
用地着手年度 H20
工事着手年度 H20
開通状況
(2019.4時点)
2019年度予定(4.5km)
備考

八丁峠道路断面図

八丁峠の通行規制状況

※資料:福岡県資料

工事状況

平成31年3月末現在の状況

トンネル坑口(嘉麻市側)の状況

トンネル内の状況