バリアフリー体験施設

バリアフリー体験施設について

私たちの国においては、諸外国に例を見ないほどの高齢化社会を迎えようとしています。

そのような中、国土交通省では、道路空間のバリアフリーを推進し、高齢者・身体障害者等の移動時の身体の負担を軽減し、移動の利便性及び安全性の向上に努めています。

九州技術事務所では、技術者の研修のため、バリアフリー構造を学ぶための施設を設置しています。一般の方もご利用いただけます。バリアフリーの必要性を体感してみてはいかがでしょうか。職員による説明も可能です。

施設利用の場合は、事前に予約をお願いします。

⇒小学生によるバリアフリー体験学習開催(実施報告)

利用申込書・資料

  • 施設利用の場合は、下記《利用申込書》を郵送・メール・FAX・持込み、のいずれかの方法で、利用の1ヶ月前までにお申し込みください。
  • 車いすなどの機材の保有台数に限りがありますので、半日の体験(午前又は午後)につき40名までとさせていただきます。
  • 施設の詳細については、下記掲載の《資料》をご覧ください。

利用申込書

資料

設置の一例

横断歩道と歩道との段差
歩道上の障害物
視覚障害者誘導用ブロック など

お問い合わせ

国土交通省 九州地方整備局
九州技術事務所 総務課

〒830-8570 福岡県久留米市高野1-3-1
Tel:0942-32-8245(代)
Fax:0942-32-8295(代)
E-mail:kyugi@qsr.mlit.go.jp

9時~17時(土日祝日、年末年始を除く)

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 九州技術事務所.All Rights Reserved.