特定建設(火山)の取組

課題名 年度 概要
山噴火対応支援システム改良 H29~ 火山噴火対応支援システムの運用のためのデータ整備、プログラムの改良、サーバーの保守点検を行う。
火山地域における減災対策検討 H28~ 火山地域における減災対策の事例を収集し、設計・施工時の留意点や各種課題を抽出し、施工事例集を作成する。
無人化施工の継続的活用に係る検討 H27~ 九州技術事務所にある各種災害対策機器を活用し、九州技術事務所をフィールドとした無人化施工訓練の企画・運営、無人化施工技術者育成プログラムを作成する。
土石流発生の雨量基準設定手法の検討 H28~ 降灰後土石流について、土石流の発生要因を把握するとともに、過去の事例から新たな噴火が発生した場合の雨量基準を設定する手法について検討する。
火山噴火等におけるSNSを活用した被災状況等の推定による災害対応の強化 H28~ 火山噴火・地震に伴う土砂災害時の対応について、ソーシャルメディア情報を用いて迅速に被害状況等を把握するため、ソーシャルメディア情報を収集・表示するシステムを試用し、情報収集のための活用方法について検討を行う。
浸透能調査手法の検討 H29~ 火山噴火時、調査地点に立ち入ることができない場合において、概略的に把握できる浸透能調査手法の検討を行う。
無人航空機による調査手法検討 H29~ 火山噴火時における立入規制内での渓流状況等を把握するための調査手法として考えられる、無人航空機による調査を実施する際の調査手法について検討するとともに、その有効性の検証を行う。

   

 

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 九州技術事務所.All Rights Reserved.