ホーム  >  道路情報

道路情報

宮崎河川国道事務所の道づくり

  • 東九州自動車道(清武-日南)
  • 国道10号都城道路
  • 国道10号新富バイパス
  • 国道220号防災

東九州自動車道(清武-日南)

東九州自動車道は、北九州市を起点に大分県、宮崎県を経て鹿児島市に至る高速自動車国道です。このうち、清武~日南間は、宮崎市、日南市を通過する延長約28kmの区間であり、この路線の整備により、地域のさらなる発展や輸送コストの削減等の効果が期待されます。

空からみた進む東九州自動車道

国道10号都城道路

都城志布志道路は、都城市を起点に曽於市を経由し志布志市に至る延長約40kmの地域高規格道路です。九州縦貫自動車道宮崎線都城インターチェンジと国際バルク戦略港湾である志布志港を結ぶことにより、広域ネットワークを形成し、物流の効率化や救急医療活動の支援、防災対策機能の強化が期待されます。         

国道10号都城道路は、地域高規格道路「都城志布志道路」の一部を構成する、延長13.4kmの自動車専用道路です。都城市街地の交通混雑緩和や沿道環境の改善等が期待されます。

国道10号新富バイパス

国道10号は、北九州市を起点に大分市や宮崎市を経て鹿児島市に至る延長約450kmの重要な幹線道路です。国道10号新富バイパスは、交通が集中している新富町市街地から宮崎市佐土原町において、交通混雑の緩和や交通安全の確保等を図る4車線化の事業です。

国道220号日南防災(北区間)

国道220号は、宮崎市を起点に日南市、串間市を経て鹿児島県霧島市に至る延長約190kmの東九州南部における主要幹線道路です。国道220号日南防災(北区間)は、異常気象時通行規制区間(宮崎市小内海~日南市富土)における事前通行規制に伴う孤立集落の解消を図るとともに、災害等に伴う通行止めによる迂回の解消を図る防災事業であり、落石や土砂崩れの危険性が高い箇所を回避しトンネルで接続します。