東九州自動車道は、北九州を起点に大分・宮崎を経て鹿児島市に至る延長436kmの高速自動車国道です。このうち清武~日南間については、宮崎市・日南市の2市を通過する延長約28kmの区間です。また、この区間は、平成15年2月に開催された第1回国土開発幹線自動車道建設会議により、国と地方の負担で整備を行う新直轄事業方式により整備を行うことが選定されました。
この路線が整備されることにより、高速ネットワークが形成され、宮崎南部地域と北部地域が結ばれ、地域のさらなる発展や輸送コストの向上等、その効果が期待されています。


 
 
 
 
 
 
 

 
 



 
 
 
 



上へ