市民談義所

第37回宮崎海岸市民談義所

日時 平成29年7月27日(木) 19:00~21:00
場所 佐土原総合文化センター

当日の様子

(画像をクリックすると拡大した画像が表示されます)

「第37回宮崎海岸市民談義所」を開催します。~宮崎海岸の侵食対策についてみんなで考えましょう~

  国土交通省と宮崎県は、県民の大切な財産である宮崎海岸(宮崎港北端~一ツ瀬川河口間)の侵食対策を市民の皆さんとともに進めています。
 宮崎海岸の浸食対策は、対策の効果を確認しながら進めており、今回の市民談義所では、過年度に実施した地形測量や環境調査の主な結果を皆さんと共有し、宮崎海岸の現状や工事について、感じていることなどを伺います。
 お伺いした意見等を踏まえて対策の効果評価を行い、年に1回開催する宮崎海岸浸食対策検討委員会効果検証分科会に諮っていきます。
談義所はどなたでも参加できます。

日時 平成29年7月27日(木) 19:00~21:00
場所 佐土原総合文化センター
その他 なんでも質問コーナー開設
当日の18:30~19:00、会場内に質問コーナーを設置します。宮崎海岸について分からないことがある方は、このコーナーでなんでもお尋ねください。初めてお越しの方も、宮崎海岸について知っていただく良い機会です。ふるって御参加ください。
参考 「宮崎海岸の侵食対策」とは?
3つの柱からなるプロジェクトです。これまでに失われた宮崎海岸(宮崎港北端~一ツ瀬川河口間)の砂浜を回復・維持するために、①養浜等を実施し、②突堤を整備します。また、砂丘が海岸に面しているため急激な侵食の危険性がある区域(大炊田海岸の一部、住吉海岸の一部)においては、浜崖頂部高の低下を防ぐために、③埋設護岸を整備します。
「宮崎海岸市民談義所」とは?
宮崎海岸をどの様に未来に引き継いでいくのか、みんなで考え、みんなで談義し、お互いに納得できる手段等の事業の方向性を見出す場です。