河川における市民団体等との連携に向けた展開

流域連携の取り組みや活動紹介 流域連携の取り組みや活動紹介その1 流域連携の取り組みや活動紹介その2 最近の事例の紹介 答申の考え方の整理
ケース1 ケース2 ケース3 ケース4 ケース5 ケース6 ケース7
ケース1 防災ステーションから水辺の学校まで、新たな交流拠点も誕生しています。
自己防衛意識の啓発促進を核とした危機管理へ
高まる危機管理の必要性に応じて、
本明川など9河川でさまざまな取り組みが進められています
ケース
迅速で的確な災害対策活動を行うために、白川では水防管理者や河川管理者である市町村や県、国で委員会を設置。連携の方策、役割分担を検討しています。
しかし、被害を最小限に食い止めるには、住民一人ひとりが防災のための意識と知識を備え、日常から自主防災に心がけることが大切です。その前提として、水害に関する情報を日常から積極的に住民に開示。また住民側からの積極的な防災活動への参画を促進する「防災エキスパート」制度など、あらゆるレベルでの危機管理体制の充実を図っています。
ケース
ケース

ページ上部へ