河川における市民団体等との連携に向けた展開

流域連携の取り組みや活動紹介 流域連携の取り組みや活動紹介その1 流域連携の取り組みや活動紹介その2 最近の事例の紹介 答申の考え方の整理
ケース1 ケース2 ケース3 ケース4 ケース5 ケース6 ケース7
ケース1 防災ステーションから水辺の学校まで、新たな交流拠点も誕生しています。
子供たちが川に楽しみ、体験し、学べる川づくりへ
緑川では子どもの水辺協議会を設置し、
体験学習の場として川を再認識する取り組みを進めています
ケース
平成14年度から始まる学校の週休2日制の実施に向けて、国土交通省(旧建設省)、文部化学省(旧文部省)、環境省(旧環境庁)が共同で、子供たちが遊びやすい水辺を「子どもの水辺」として選定し、川を利用した子供たちの体験活動の場を連携して整備する「子どもの水辺」再発見プロジェクトがスタートしました。九州でも緑川をはじめ各河川で行政や市民団体で構成される協議会を設置し、「子どもの水辺」の選定にあたっています。 ケース
流域をフィールドとする環境教育の推進を ケース
宮崎市と連携して大淀川では、
「水辺の学校」プロジェクトがスタート。
子どもたちが安全に水辺に近付け自然や生き物とふれあい、川や自然の大切さを学ぶことができる河川空間づくりを目指した「水辺の楽校」プロジェクト。宮崎県の大淀川では平成11年度より具体的な事業計画が策定されています。計画策定にあたっては、学識経験者をはじめ地元自治会、身体障害者の代表など、さまざまな分野の有識者によって「大淀川水辺の楽校推進協議会」を 設置。平成13年には自然環境や利水・治水など幅広い自然学習の場が誕生する予定です。
◎そのほかにも
川内川(水辺の楽校)
川内川中流の鶴田町神子地区では、地域の声をもとに自然石を配置した親水性の高い整備を実施。地域の新しい交流会拠点として機能しています。

松浦川(水辺の楽校)
伊万里市と共同で、松浦川上流の桃川地区にホタルをテーマとして整備。地域の整備推進協議会ともくり返し話し合いを行いました。

ページ上部へ