九州 川の情報室

 

ホーム > 質問コーナー

質問コーナー

川の情報室は、九州の川に関する疑問や質問、イベント情報にお答えします。

過去の問い合わせ 〜基本情報編〜

QUESTION

筑後川の源流が知りたい。

 

ANSWER

筑後川は支流が多いため、阿蘇外輪山、久住山系を源流群として、特定の源流はありません。源流群の中で例をあげると、筑後川本川筋については、大分と熊本県境の瀬の本高原付近、玖珠川筋については、長者原や筋湯温泉の上流あたりがあげられます。

 
 

QUESTION

二級河川とはどんな川ですか。

 

ANSWER

河川法の第4条と第5条に1級河川、2級河川の記述があります。

(1)1級河川は、「国土保全上または国民経済上特に重要な水系で政令で指定したものに係る河川。(国土交通大臣が指定)」
(2)2級河川は、「1級水系以外の水系で、公共の利害に重要な関係があるものに係る河川。(都道府県が指定)」

と規定されています。
川は昔から地域の生活に密着しており、地域にとってその重要性の高さは変わりありません。
河川管理上、「国土保全上」、「国民経済上」の重要性について、「河川の規模」「氾濫したときの被害」「数県を跨ぐ」など様々な要素を総合的に勘案して、1級河川、2級河川として指定し、それぞれの管理者が適切に整備、管理を行います。

 
 

QUESTION

雨がふった後にごった川の水はどうやったらきれいになるんですか。

 

ANSWER

雨が降ると川の水は茶色く濁ります。これは川のそこや、川ぎしの土や泥が大雨でまい上がって、水にまざってしまうからです。水の中にまざった土や泥は時間がたつと、沈んでだんだん透明になります。これはペットボトルに水と砂や土を入れて、振ると最初はにごりますが、そのままにしておくと、砂や土が沈んで水がきれいになりますね。あと、これは川の長さによって違うのですが、川の水はどんなに長い川でも山から2日で海に行きます。これが、大雨のときだと、半日や6時間といった時間で流れます。泥や土だけなら、まだいいのですが、川岸のゴミもいっしょに、海へ流れていきます。

 

過去の問い合わせ 〜レジャースポット編〜

QUESTION

福岡市から1泊して、川で泳げるところを知りたい。

 

ANSWER

遠賀川では源じいの森(田川郡赤村大字赤6933-1/tel:0947-62-2911)、矢部川の杣の里渓流公園(八女郡矢部村大字北矢部字本川内/tel:0943-47-3000)などがあります。

 
 

QUESTION

久留米から一時間ぐらいで行ける泳げる川は在りますか?きれいであまり人がいないところがいいです。

 

ANSWER

矢部川源流公園に河川プール。ただし、更衣室はなく、水は夏でも冷たい。
(八女郡矢部村 日向神ダムの上流部/お問合せ:矢部村産業振興課 tel:0943-47-3111)

三日月の滝公園オートキャンプ場から露天風呂まであります。川でも泳げますが、現地に確認したところ「自己責任のもとで泳いでください」とのこと。着替えはお風呂場の脱衣所を利用できます。
(玖珠郡玖珠町/お問合せ:三日月の滝公園 tel:09737-3-2007)

 
 

QUESTION

この夏、親子で番匠川をカヌーで下りたいと思っています。川下りのルートやキャンプできる場所などお聞きしたいのですが、問合せ先を教えて貰えないでしょうか?よろしくお願いします。

 

ANSWER

番匠川については「番匠川おさかな館」にお問合せになるのが一番良いかと思います。
tel:0972-46-5922/fax:0972-46-0129/開館時間:10〜18時 です。

 
 

QUESTION

熊本市郊外の河川でタナゴの生育する所を教えて下さい。

 

ANSWER

熊本市周辺では、江津湖を中心にタナゴの生息域があります。江津湖に流れ込む支流には、熊本県内でも有数な規模でタナゴの生息が現在も確認されていますので、藻器堀川や健軍川周辺をチェックしてみて下さい。水温の温かい所を好みますので冬の時期は、細い用水路にいることもあります。江津湖は、イシモチタナゴの九州唯一の生息地でもあります。(ただし、九州地区唯一のためもともと生息していた種かは分かっていません)
また、矢形川(緑川水系/御船町)は、カゼトゲタナゴの日本での南限になります。この川にも豊富な種類のタナゴが生息しています。