九州 川の情報室

ホーム > おうちの人と考えてみよう!自分の身は自分で守ること

雨は自然が起こすものなので、降る量は人の手ではどうすることもできません。また、洪水を未然に防ぐために河川の整備をしても絶対安全とはいいきれません。しかし、洪水は予測ができます。予測情報を知り、その危険から自分の身を守ることができるよう安全な対処法を覚えておきましょう。

  • 避難場所として小学校や公民館などが指定されているので、どこにあるのかを事前に確認しておこう。
  • 避難する道を事前に確認しておこう。
    (被害によって、避難する道が変わってきます。例えば水害のときは、土地が低い方に逃げると、あふれた川が迫ってくるので危険です。)
  • 避難するタイミングをのがさないようにしよう。
    避難する時は、子どもやおとしよりは、時間がかかるので、
    いつでも避難できるように心構えが必要だね。


  • なるべく、門や戸をしっかり閉めて、水や流れてきたものが入ってこな いようにしよう。
    (火災のときはこの反対だから注意!)
  • 水が入ってしまった家は崩れやすいので要注意!早くその場から避難 できるようにしよう。

  • 家族がバラバラに避難することがあるかもしれないので、家族が集まる場所や連絡方法などを家族で話し合って決めておこう。
    ※ 浸水:洪水による氾濫によって、住宅や田畑が水につかること。
    ※ かん水:田畑や道路などが水につかること。

  • 水害の場合はおおよそ事前に予測がつくこともあるので、TVやラジオで流れる被害情報や避難情報を聞きもらさないようにしよう
  • おうちの裏などに山がある人は、土砂崩れになる場合があるので、おうちの人とどんな風に避難するかをよく話し合っておこう!
  • 災害情報がリアルタイムで確認できるホームページを見よう


河川などの近くでは、天候の変化がすぐにも事故につながる可能性があるので、災害が予測される場所から早めに避難しよう。


ビルが多いところやまち中では地下施設などが多く、思わぬ被害が起こる危険があるので、次のことを覚え、す早く避難できるよう心がけておこう。

洪水災害の威力は計り知れません。避難時の注意点を事前に知ることで被害を最小限におさえることができるかも!


  • 家族などの連絡先を一覧表にまとめておこう(警察署や消防署、親せき、友人、近所の人、学校、公民館、電力会社やガス会社もあったらいいね)
  • 避難訓練に積極的に参加しておくと、いざというときあわてなくていいね
  • 非常用の持ち出し品を袋(リュック)に準備しておこう