はじめに

    平成25年6月に公布された「水防法及び河川法の一部を改正する法律」において、『河

川協力団体制度』が創設されました。

    河川協力団体制度とは?

     河川協力団体制度とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行う

NPO等の民間団体を支援するものです。

     河川協力団体としての活動を適正かつ確実に行うことができると認められる法人等が対象と

   なり、河川管理者に対して申請を行います。申請を受けた河川管理者は、適正な審査のうえ、

   河川協力団体として指定します。

 

※詳細については、下記リーフレット及びホームページにて解説していますのでご覧下さい。

■リーフレット「河川協力団体制度」【PDF

■国土交通省ホームページ「河川協力団体制度」

    九州地方整備局管内の河川協力団体指定状況

     九州地方整備局管内の国が管理する河川の区間(ダムの区間を含む)において活動する

『河川協力団体』として26団体(平成26年3月31日現在)を指定しています。

 

■九州地方整備局管内河川協力団体指定状況【PDF

    各河川協力団体に関するお問い合わせ先

     各河川協力団体に関する問い合わせについては、各水系・ダムを管理している事務所へお問

い合わせください。

 

■お問い合わせ先一覧【PDF

    関連情報

※クリックすると、国土交通省 水管理・国土保全局のページにリンクします。