1. HOME >> 
    1. 本明川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

本明川【ほんみょうがわ】

  • 本明川の概要
  • 本明川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

本明川<ほんみょうがわ>は、その源<みなもと>を長崎県<ながさきけん>五家原岳<ごかはらだけ>に発し、急峻<きゅうしゅん>な山麓<さんろく>を南下した後、諫早平野<いさはやへいや>を貫流<かんりゅう>し、支川を合わせて有明海<ありあけかい>に注ぐ、一級河川<いっきゅうかせん>です。昔は大川と称されていたようですが、諫早日新記享和<きょうわ>3年(1803年)の記録には「本明川一件の儀以来本明川と相極候段御役方<あいきょくそうろうだんおやくほう>より相達され候」とあり、この後本明川と呼ばれるようになったようです。

幹川流路延長 28km
流域面積 249km2
流域内人口 約89,000人

本明川のシンボルマーク

本明川流域地図

本明川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

本明川

ページ上部へ