1. HOME >> 
    1. 肝属川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

肝属川【きもつきがわ】

  • 肝属川の概要
  • 肝属川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

肝属川<きもつきがわ>は、その源を大隅半島<おおすみはんとう>のほぼ中央の高隈山脈御岳<たかくまさんみゃくおんたけ>に発し、鹿屋市<かやのし>などを経て志布志湾<しぶしわん>へ注ぐ一級河川です。流域は台風の常襲地帯であり、流域の70%が水に対して脆弱な性質を持つシラスに覆われており、堤防もほとんどがシラスによって作られています。肝属川の由来は肝属郡の名をとって名づけられました。全国109ある一級河川の中では最南端を流れています。

幹川流路延長 34km
流域面積 485km2
流域内人口 約116,000人

肝属川のシンボルマーク

肝属川流域地図

肝属川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

肝属川

ページ上部へ