1. HOME >> 
    1. 球磨川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

球磨川【くまがわ】

  • 球磨川の概要
  • 球磨川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

球磨郡の奥地、水上村<みずかみむら>を源に、熊本・人吉盆地を流れ八代市で不知火海<しらぬいかい>に注ぐ球磨川は、最上川<もがみがわ>・富士川<ふじかわ>と並ぶ日本三大急流として知られています。江戸時代初期に開削されて以来、明治41年の肥薩線<ひさつせん>(当時は鹿児島本線<かごしまほんせん>)開通までは、八代〜人吉間を結ぶ主要な交通手段で、参勤交代にも使われていました。

幹川流路延長 115km
流域面積 1,880km2
流域内人口 約140,000人

球磨川のシンボルマーク

球磨川流域地図

球磨川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

球磨川

ページ上部へ