1. HOME >> 
    1. 大分川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

大分川【おおいたがわ】

  • 大分川の概要
  • 大分川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

大分川<おおいたがわ>は、その源を大分県由布市<ゆふし>湯布院町<ゆふいんちょう>の由布岳<ゆふだけ>(標高1,583m)に発し、由布院盆地を貫流し、阿蘇野川<あそのがわ>、芹川<せりかわ>等を合わせて中流の渓谷部を流下し、由布市挾間町<はさままち>において大分平野に入り、賀来川<かくがわ>、七瀬川<ななせがわ>を合わせ、大分市豊海<とよみ>において別府湾に注いでいる、幹川流路延長55km、流域面積650km2の一級河川です。

その流域は、大分県のほぼ中央に位置し、大分市、由布市、別府市、竹田市<たけだし>をはじめとする5市2町からなり、流域の土地利用は、山地等が約84%、水田や畑地等の農地が約11%、宅地等の市街地が約5%となっています。

幹川流路延長 55km
流域面積 650km2
流域内人口 約253,000人

大分川のシンボルマーク

大分川流域地図

大分川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

大分川

ページ上部へ