1. HOME >> 
    1. 小丸川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

小丸川【おまるがわ】

  • 小丸川の概要
  • 小丸川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

宮崎県三方岳<さんぽうだけ>に発し、急峻な渓谷をきざみながら東流した後、南に屈曲して渡川<どがわ>を合流し尾鈴山<おすずやま>の西麓にそって流れ、三石渓谷<みついしけいこく>を下ったのち平野部に出て東流し、切原川<きりばるがわ>・宮田川<みやたがわ>等の支川を合わせた後に日向灘<ひゅうがなだ>に注ぐ、一級河川です。戦国時代には「高城川の役<たかしろかわのえき>」と伝えられるなど、古い歴史を持つ河川でもあります。

幹川流路延長 75km
流域面積 474km2
流域内人口 約33,000人

小丸川のシンボルマーク

小丸川流域地図

小丸川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

小丸川

ページ上部へ