1. HOME >> 
    1. 大野川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

大野川【おおのがわ】

  • 大野川の概要
  • 大野川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

大野川は九州の名山「祖母<そぼ>・傾山連山<かたむきやまれんざん>」「阿蘇<あそ>の外輪山<がいりんざん>」「久住山<くじゅうさん>」を源<みなもと>とし、祖母山の南より宮崎県<みやざきけん>、熊本県<くまもとけん>を経由<けいゆ>して大分県<おおいたけん>に入り、多くの支流を集めながら、別府湾<べっぷわん>にそそぐ一級河川<いっきゅうかせん>です。昭和初期<しょうわしょき>までは派川<はせん>である乙津川<おとつがわ>と入り乱れて流れていましたが、昭和37年の乙津川分流堰<ぶんりゅうせき>建設<けんせつ>等によって現在の大野川が生まれました。

幹川流路延長 107km
流域面積 1,465km2
流域内人口 約201,000人

大野川のシンボルマーク

大野川流域地図

大野川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

大野川

ページ上部へ