1. HOME >> 
    1. 大淀川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

大淀川【おおよどがわ】

  • 大淀川の概要
  • 大淀川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

大淀川<おおよどがわ>は源を鹿児島県曽於市<そおし>末吉町<すえよしちょう>の中岳<なかだけ>に発し、都城盆地<みやこのじょうぼんち>を経て轟<とどろき>の狭さく部を流れ、宮崎平野に出て支川である本庄川<ほんじょうがわ>を合せ日向灘<ひゅうがなだ>に注ぐ、一級河川です。名前の由来説は、いくつもあり、小戸<おど>(昔の地名)が大淀になまったのではないかという説や大阪の淀川よりも大きな川だからという説など、さだかではありません。

幹川流路延長 107km
流域面積 2,230km2
流域内人口 約601,000人

大淀川のシンボルマーク

大淀川流域地図

大淀川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

大淀川

ページ上部へ