1. HOME >> 
    1. 川内川 >> 
      1. 概要

九州の川・海岸の紹介

川内川【せんだいがわ】

  • 川内川の概要
  • 川内川の河川整備計画の状況
  • 水害の記憶

川内川<せんだいがわ>は、その源を熊本県の白髪岳、<しらがたけ>に発し、宮崎県の西諸県盆地<にしもろかたぼんち>を西流し鹿児島県へ入り吉松狭搾部<よしまつきょうさくぶ>、湯之尾滝<ゆのおたき>を経て、大口盆地<おおくちぼんち>で支川である羽月川<はつきがわ>に合流し、景勝曽木の滝<そぎのたき>から鶴田ダム<つるただむ>へ流入しその後、宮之城<みやのじょう>狭搾部、川内平野<せんだいへいや>を貫流し、薩摩灘<さつまなだ>へそそいでいる、九州屈指の一級河川です。

幹川流路延長 137km
流域面積 1,600km2
流域内人口 約200,000人

川内川のシンボルマーク

川内川流域地図

川内川流域地図

もっと詳しく知りたい方は

川内川

ページ上部へ