「道路交通センサス」って何?


道路交通センサスとは全国道路・街路交通情勢調査の通称です。
 
その中味は @ある区間の道路状況、交通量、走行速度を観測する調査と、A自動車の一日の動きを知る調査から構成されます。
 
その目的は 調査したデータをもとに安全で安心して提供する新しい道路計画や道路の維持管理の基礎資料として用いられます。
   
道路交通センサスの歴史は、昭和3年度から3〜5年毎に実施しており、昭和55年度からは5年後とに実施しています。昨年が調査年度にあたり10月、11月の平日と休日の各1日に2つの調査を実施して、その他B駐車調査も行いました。
 
調査機関 国土交通省・関係各県・政令市・道路公社・西日本高速道路(株)等
 
対象道路 高速自動車国道・一般国道・主要地方道・一般県道・一部の指定市道