道守ニュース

「暮らしと交通」シンポジウム パートII が開催されます

2004年3月18日

(1)プログラム
1) 主催者挨拶
  • NPOタウン・コンパス理事長 樗木(18:00~18:15)
  • 第1回シンポの結果の概要報告
  • 第2回シンポのねらい、内容の紹介
2) 事例報告(20分×3テーマ 18:15~19:15)
  • ポートランド(米国オレゴン州)の報告
    ・ “公共交通による都心再生と成長管理”
    ・ 発表者 NPOタウン・コンパス/
    (財)福岡都市科学研究所 後藤 
  • オランダの自転車利用促進施策の報告
    ・ “自転車マスタープランと都市交通施策”
    ・ 発表者 NPOタウン・コンパス 井上 
  • パース(豪州国西オーストラリア州)の報告
    ・ “社会心理学による賢いクルマの使い方
     ~パースのトラベルスマート~”
    ・ 発表者 (財)計量計画研究所 牧村
3) 参加者との意見交換(19:15~19:55)
・ 進行役 タウン・コンパス
4) 今後の予定、閉会(19:55~20:00)
(2)日程、実施団体等
日時
2004年3月19日(金) 18:00~20:00
場所
アクロス福岡607会議室
(福岡県福岡市中央区天神1丁目1-1)
NPO タウンコンパス
国土交通省福岡国道事務所、福岡市、西日本新聞社
 通常行われるシンポジウムは、一回限りのものがほとんどで、その結果がどのようにまとめられ公表されたのか、といったことが不明といった問題点があります。そこでこの企画では、今年度だけで2回のシンポジウムを行って議論の深化を行い、参加者の意見を集約・整理していきます。また、結果の公表の方法等についても、シンポジウムの中で明らかにしていきます。

PageTop