道守ニュース

7月3日 大分でシンデレラシンポジウムが開催!

2004年7月5日

 大分市と別府氏を繋ぐ、別大国道が拡幅され周辺の観光施設が新設やリニューアルオープン。これを受けて、7月3日、国土交通省九州地方整備局大分河川国道事務所等の後援で、道守の仲間、道守大分会議、観光コアラが中心となって「シンデレラシンポジウム」が開かれました。



 会場は、別府湾に面するオープン前のレストラン「エシェル ドゥ アンジェ」。

 第一部は、台の上にパネラーが並ぶのではなく、「ロ」の字に並べた机に参加者全員が坐り、自由に意見を交換し合うという形式で進められました。

 道の利用や観光政策を、これまでのように、お役所まかせ(男まかせ?)にするのではなく、観光市場をリードする「女性」の視点から、地域作りを考え、ITを活用した観光アピール等について、多彩なゲストともに多くのシンデレラが発言の機会を得ていました。

 「目的地までの通過点ではなく、夕陽を見ながら散歩することで道そのものを楽しもう!」といった具体的な提案が相次ぎ、盛り上がった第一部に続き、大分の豊富な食材を楽しみながらの交流会も開かれ、シンデレラの名に恥じず、イベントは12時まで続きました。

 広瀬勝貞大分県知事夫妻も参加した「シンデレラ・シンポジウム」詳細は、ホームページで。http://www.npocoara.jp/cin/

PageTop