道守ニュース

“道の日「道守シンポジウム」”を宮崎で盛大に開催!

2006年8月18日

“道の日「道守シンポジウム」”

オープニング;
ビッグスペースバンド
(宮崎市立大淀小学校吹奏楽部)

 8月10日の「道の日」に、道守みやざき会議主催による「道守シンポジウム」が宮崎市内のMRT miccダイヤモンドホールにて盛大に開催されました。

 会場は、一般参加者、関係行政機関、道守会員等の道守に関心を寄せる約300人の参加者で埋まり、ビッグスペースバンド(大淀小学校吹奏楽部)のオープニング演奏で始まりました。

 シンポジウムは、道守九州会議の代表世話人でもある九州大学名誉教授の樗木武先生による「道守活動と日本風景街道」と題した基調講演を受けて、日南市立潮(ウシオ)小学校の3名の児童による体験発表やパネルディスカッションが行われました。

“道の日「道守シンポジウム」”

基調講演;
演題「道守活動と日本風景街道」
九州大学名誉教授
[道守九州会議代表世話人]
樗木 武氏

 基調講演では、九州での道守活動立ち上げの経緯から日本風景街道に至るまで、直近の情報を交えてのお話があり、道守九州会議としても積極的な活動を支援していくことが強調されました。

 潮小学校児童による体験発表では、全校生徒が日頃から美化清掃活動等に一生懸命取り組んでいる内容の説明の後、ゴミ放置の深刻さを大人に伝えたいと「ウミガメの繁殖観察・研究の中でゴミ放置の悪影響がそうした生物の生態系にまで及んでいるということが解った。」という素晴らしい視点からのアピールがありました。

 パネルディスカッションでは、宮崎大学根岸助教授のコーディネートにより4名のパネルリストが“道(未知)との遭遇”をテーマに道と人との関係性等について活発な意見交換がなされました。

 また、今年の10月22日を「道守の日inみやざき‘06」として宮崎県内で一斉に道守活動を実施する旨の宣言がなされ、多くの方々の参加お願いがなされました。

 シンポジウム終了後も、道守みやざき会議と道守かごしま会議の参加者による交流会も開催され、盛況に終わりました。

“道の日「道守シンポジウム」”

パネルディスカッション;テーマ「道(未知)との遭遇」

PageTop