道守ニュース

軽貨物と一緒に道守活動中!!

2007年9月20日

一緒に活躍する軽トラック

一緒に活躍する軽トラック

 約20年前から、薩摩川内市内の道路や海岸通りで空き缶やペットボトル等のゴミ拾いの道守活動されている中野行男さん、その活動量がものすごく、皆様に紹介いたします。

 活動のきっかけは、通学路で小学生が不審者から追われる事件が発生したり、また、死角となる場所では大量のゴミや盗難された財布、バッグ、自転車、或いは不良図書など様々なものが投棄されていたことだそうです。ゴミなどが無くなれば、事件や、不法投棄などが少なくなるとの思いから活動を始め、今では3~4日/週程度行っているそうです。道守活動は軽自動車を運転しながら1人で活動されており、8月の「道路ふれあい月間」中の8月10日”道の日”に、道守活動をされた時の報告を頂きました。

 「朝6時から17時まで道守活動をしました。国道、県道、市道で約90kmを清掃し、ゴミの量は約60㎏ありました」とのこと。

 「ゴミは幾ら拾っても無くなりませんが今後も引き続き道守活動を続けたい」といっておられます。

(道守九州会議 事務局)

回収したゴミの一部

回収したゴミの一部

PageTop