道守ニュース

道守長崎会議 大村地区会議を開催いたしました

2008年1月28日

道守長崎会議 大村地区会議

 平成20年1月23日(水)に長崎県環境保健研究センターで、道守長崎会議 大村地区ブロック会議を開催しました。会議には、各地区の代表者、大村地区で道守活動を行っている団体や企業、県北の佐世保や平戸で活動されているボランティア団体や企業、国・県・市の行政関係者等27名が参加しました。「今後の道守活動のあり方」、「道についての身近な相談について-『道の相談室』-」のテーマで意見交換を行い、各団体が行っている活動報告もありました。

 「今後の道守活動のあり方」では、ボランティア団体の活動だけで、道路の美化や安全を維持いていくには限界があるので、地域の住民や企業の協力、行政との連携が重要であることを話し合いました。

 「道についての身近な相談について-『道の相談室』-」では、道に対して様々な問題点があっても『道の相談室』がうまく活用されていないので、どんなことでも相談できる身近な窓口として、道守が地域住民の窓口になっていくことなどを話し合いました。

 その他にも各団体の活動報告や風景街道への登録に向けた体制を築くことなど、活発な意見交換ができました。

 今回の会場は、長崎県環境保健研究センターという、地域の環境・保健衛生に係る課題解決を目指した研究を行っている施設だったということもあり、施設の方から施設内の見学や研究内容の説明をしていただきました。普段はなかなか目にすることができない環境・保健衛生に関する研究風景が見学でき、参加された皆様も大変興味深く話を聞いていました。

道守長崎会議 大村地区会議
道守長崎会議 大村地区会議
道守長崎会議 大村地区会議

PageTop