道守ニュース

道守長崎会議 長崎地区会議を開催いたしました

2008年2月26日

 平成20年2月20日(水)に長崎市立図書館で、道守長崎会議 長崎地区ブロック会議を開催しました。今回の会場である長崎市立図書館は、先月1月5日にオープンしたばかりで、会議開催前から皆さん楽しみにしていました。

 会議には、各地区の代表者やボランティアの方、道守活動を行っている企業、国・県・市の行政関係者等23名が参加しました。

 ブロック会議の開催は今回で4回目となり、回を重ねるごとに各地区の道守活動の内容もわかるようになり、また各地区が抱える問題点も見えてきました。例えば、ある地区では国道と線路の間の数十メートルにわたるスペースにコスモスを植えたいが、人数が足りずに困っているとか、道路の除草作業をしたがその運搬や処理に困っているなどの問題点が挙がりました。地区によっては、地元の企業が協力して作業を手伝ってくれるところもありますが、地方の小さな地域ではすべて自分たちの力でやらなければならず、活動に限界がある団体もありました。そこで、長崎道守会議では、地区の枠を超えた協力体制を築くためにNPO法人化することを決めました。

 また今回の会議では、長崎市内で実施している「通りの名前を利用した道案内」プロジェクトについても話し合いました。このプロジェクトは、観光客など地元に不慣れな人の街歩きを促進して、街を賑わせるという地域の活性化を目的としたもので、普段から清掃・美化活動を通して道と関わっている道守の視点から、このプロジェクトに協力していくことを話し合いました。参加者の皆さんは、日頃から問題意識を持って活動をされているので、とても興味深く関心を持っていらっしゃいました。

道守長崎会議 長崎地区会議
道守長崎会議 長崎地区会議

PageTop