道守ニュース

第5回「道守長崎会議」総会を開催しました

2008年10月21日

 平成20年10月18日(土)、長崎市立図書館で第5回「道守長崎会議」総会を開催しました。総会には、県内各地の道守会員のほか、大学関係者、地元誌編集者など約60名が出席しました。

 第1部では、道守長崎会議の活動報告、九州一周駅伝ルート一斉清掃の協力呼びかけ、みちづくしin鹿児島への参加呼びかけ、NPO法人道守長崎の設立等についてなどが話し合われました。

 ルート一斉清掃とは、10月31日(金)から始まる九州一周駅伝に伴い、駅伝のルートとなっている道路をきれいにして、選手に気持ちよく走ってもらい、応援に訪れる人に気持ちよく声援を送ってもらおうという趣旨で、今年度初めて行う取り組みです。道守の活動を広く知っていただく良い機会でもあることから、会場からは賛同の声が響きわたりました。

 NPO法人道守長崎の設立につきましては、道守活動の充実と拡充を図るためNPO法人を設立することを皆様に報告いたしました。

 第2部では、初めての試みである「街道づくり屋台村」という情報交流会を開催し、長崎県内5ブロックの屋台のほか、長崎大学道守屋台、長崎県庁風景街道屋台などが出店しまし、それぞれ、パネルや資料を用い、活動報告や事例紹介が行われ、大盛況に終わりました。

 優勝屋台出店者には、長崎特産の「長崎かまぼこ」のほか、小浜温泉特産の「湯せんべい」がプレゼントされるとあって、白熱したお国自慢が行われました。見事、熱戦を制し、優勝したのは、総勢14名にものぼる皆さんで活動自慢を行った西海地区ブロック屋台でした。参加者からは、「今年は本当に面白く、楽しい会議でした。」と最高のねぎらいの言葉が聞かれました。

<会議風景> 道守長崎会議の60名が活発に議論

<会議風景>

道守長崎会議の60名が活発に議論

<長崎大学の松田教授>

<長崎大学の松田教授>

道守と長崎大学工学部インフラ長寿命化センターが連携して道路関連施設等を支えていこうと提案。

<「街道づくり屋台」の様子>

<「街道づくり屋台」の様子>

7店が出店し、自分たちの活動を紹介しました。「風景街道」や「通り名」、清掃活動や元気野菜づくりなど、他ブロックの道守活動の情報が交流し、刺激を受けあっていました。

<「街道づくり屋台」の様子>

「街道づくり屋台」の様子>

西海チームは総勢14名の参加による活動紹介。写真は雑草や生ゴミから堆肥をつくり、元気野菜ができたことを報告。現物によるPRは迫力満点。

<「街道づくり屋台」の様子>

<「街道づくり屋台」の様子>

やはり優勝は西海チームでした。

記念写真

最後は記念写真を撮りました。

PageTop