道守ニュース

“みちづくし in 鹿児島2008”

2008年12月24日

 福岡国道事務所では、職員の「行政のあり方」意識の向上のため セミナーを行っています。 今回は、「道守活動にみる新たな公」をテーマに開催いたします。 職員のみならず一般の方の参加も受け付けています。

1.オープニング 13:00~

みちづくし in 鹿児島2008

平成20年11月28日、“みちづくしin鹿児島2008”が、鹿児島市内のホテル ウェルビュー鹿児島において開催されました。
会場には、九州各地から約310名の道守さん達が集まりました。

みちづくし in 鹿児島2008

 また、2日目の現地体験学習で体験植樹に使用する植樹の目録が九州電力(株)執行役員の梶原正博鹿児島支店長から田島実行委員長に手渡されました。

2.基調講演 13:30~

みちづくし in 鹿児島2008

「篤姫の生きた時代の街道」
原口 泉氏(鹿児島大学 法文学部教授)
 原口教授は現在放送中のNHK大河ドラマ「篤姫」の時代考証を担当されており、演じている役者さんのエピソードも加えながら、篤姫の人生を通して、街道との関係に触れながら話が進められました。

3.活動報告会[第1部] 各県道守活動報告 15:00~

みちづくし in 鹿児島2008
①道守ふくおか会議 「道守たちの風景づくり」
ごみゼロ青春探検隊まえばる 酒井 忠彬氏
②道守佐賀会議 「大きな夢への小さな一歩!!美しい町は多久市から!!」
多久市そうじの会 山崎 昌治氏・瀬川 武雄氏
③道守長崎会議 「長崎大学の道守養成による地域再生について」
長崎県土木部建設企画課 総括課長補佐 山口 正則氏
④道守くまもと会議 「城下町の歴史を活かした地域資産としての町屋活用の可能性」
新町古町・町屋研究会(仮称) 宮本 茂史氏
⑤道守大分会議 「マイツリー活動レポート」
道守大分会議事務局 木ノ下 結理氏
⑥道守みやざき会議 「夕日の里づくりと道守活動~意識の開発による地域づくり」
道守みやざき会議世話人 根岸 裕孝氏
⑥道守みやざき会議「まちなかプレーパークと道守活動」
宮崎大学(学生) 橋口 慶太氏 橋本 典明氏
⑦道守かごしま会議 「薩摩街道保存活動」
薩摩街道保存会 福山 征志氏 吉留 博文氏

4.活動報告会[第2部] 世代別道守活動報告 16:30~

①「次代につなぐふるさとの道」

鹿児島市立大龍小学校
岡元 浩亮くん 白川 翔くん 森 彩夏さん  松山 万里菜さん

鹿児島市立大龍小学校

私達が通っている小学校は篤姫の旧島津今泉家や南州公園等が近くにあり、史跡に囲まれた場所にある。道の清掃活動を通じての大人の人達との交流風景の紹介。全校ボランティアは、大勢の人数で実施するため楽しい。こうしたボランティア活動は先輩達から引き継いだものであり、後輩にしっかり引き継いでいきたい。

②「鹿屋高校 奉仕活動報告」

鹿児島県立鹿屋高等学校
五反田 麻矢さん  内倉 かおりさん

鹿児島県立鹿屋高等学校

鹿屋高校では全校生徒で取組む奉仕活動として年3回のゴミ拾い活動もあるが、インターアクト同好会として学校周辺の定期的なゴミ拾い活動を独自に実施している。
また、鹿児島県と宮崎県のインターアクト同好会では、現地大会を年1回開催し報告・交流を行っている。

③「過疎、少子高齢化、僻地での道守」

さつま町久富木公民館
末永 忍氏

つま町久富木公民館

沿道景観維持のための草刈り・枝払いの他に、高齢者の健康増進と児童・生徒の瞬発力・持久力の育成のために早朝ウォーキングを実施し、相乗効果として空き缶・ゴミ拾いを実施。3年前までは毎日実施していたが、ゴミも少なくなり、現在は週2回実施している。児童・生徒の情操教育にも約立っている。
また、老人クラブの組織率は60.5%と高く、花壇整備に取り組んでいる。

11月29日(土)

シーニックバイウェイ体験学習として企画した2日目の現地体験学習は、「指宿コース」「鹿児島市内コース」の2班に分かれて実施した。参加者は、「指宿コース」が31名。「鹿児島市内コース」が80名。合計111名の参加者がありました。

みちづくし

体験植樹の風景(一般国道226号 道の駅「きいれ」前)

PageTop