会員・読者の声 道は歴史の証人

道は歴史の証人

 先日、「上野史蹟探訪」が開催され大分でもっとも古い道を訪ねました。 今では住宅地の中を通るありふれた道ですが、近辺には豊後の戦国大名として名高い大友氏ゆかりの史跡が残り、その歴史の香りを漂わせています。
以前から慣れ親しんだ道ですが、また違った側面を垣間見ることができました。
1500年という時間の経過とともに現在に引き継がれている「道の大切さ」や「道を守る」ことの意味を考えさせられました。
道を守る「道守九州会議」という響きがすばらしいネーミングだということを実感した「いい日」になりました。

呉島 秀

  • 前へ
  • 次へ

PageTop