長崎市、社会実験を経て継続の方向で取組み
概要 
長崎道案内プロジェクトの写真
(出典:長崎さるくマップブック、長崎さるく博06推進委員会)
 長崎市では、「長崎さるく博」開催にあわせて、「通り名で道案内」の社会実験が行われました。「長崎さるく博」は、長崎の個性的なまちを歩いて、学んで、食べて楽しめるコースや講座が設けられた、日本ではじめてのまち歩き博覧会です。社会実験は「道案内プロジェクト」といい、長崎市中心部の中島川周辺の旧町名復活の活動と一体となって、市民や観光客に、通りに親しみを持ってもらい、道案内に役立ててもらおうと企画され、市民グループや地元自治会などでつくるプロジェクトチームにより実施しました。
 対象範囲は古い町並みが残る古川町と諏訪町にある12の通りで、通りの名前と起点からの距離を示した番号を振った案内板を電柱や街灯、歩道などへ約20m間隔で設置しました。
  この実験の際、「さるく博」に訪れた観光客等に行なったアンケート調査の結果(このページの下段参照)、認知・理解度ともに高い評価を得、この「通り名で道案内」を継続の方向で取組んでいます。
さるくコースマップ(中島川・寺町〜風頭界隈)
懐かしの街なみ〜中通り界隈〜 道案内プロジェクトマップ
さるくコースマップ
←クリックでPDF(380KB)がダウンロード出来ます
「通り名で道案内」を利用して歩く時に役立ちます。
要所要所の見所も掲載されています。
標識例01
標識例02
このページのトップへ
ヒアリング調査結果
「さるく博」に訪れた観光客等に「通り名で道案内」された地図を利用してもらい、認知・理解度や取り組みへの評価についてヒアリング調査を行ないました。
  1. 実施期間 :2006年4月29日(土・祝)〜5月3日(水・祝)
  2. 実施方法 :調査員による現地でのインタビュー
  3. サンプル数:304(うち9割以上が実験範囲外に在住)
約9割の人が「良い取り組みである」と評価
約7割の人が「他の地域にも展開して欲しい」と評価
ヒアリング調査結果グラフ
このページのトップへ
  
 
「通り名で道案内」実施地域
福岡市天神地区・大名地区 | 佐賀市中心市街地 | 長崎市寺町 | 島原市中心市街地 | 熊本市中心市街地

鹿児島市天文館地区 | 唐津市中心市街地 | 長崎市(県庁坂通り、市役所通り等) | 日南市油津地区

南さつま市(国道226号) | 福岡市博多駅地区 | 日南市飫肥地区 | 長崎市大浦地区 | 長崎市神浦地区

平戸市中心市街地 | 諫早市中心市街地 | 雲仙市小浜地区 | 国道202号(国体道路) 福岡市大名地区

国営海の中道海浜公園