標識にはどんな種類があり、誰がたてたの?
道路標識には、大きく分けて案内・警戒・規制・指示・補助の5タイプがあり、道路管理者(国土交通省・都道府県・市町村)や交通管理者(警察)により設置及び管理されています。
 
案内標識
  目標地や通過地への方向や距離、市町村の境界を示すとともに、沿道に関する各種の案内を行います。



警戒標識
  交差点、踏み切りなどの道路の状況及びその沿道における運転上の危険又は注意すべき状態を知らせます。


規制標識
  車両通行止めや最高速度を表示するなど、禁止・制限の内容を知らせます。


指示標識
  停止線、横断歩道などの位置を示し、また規制を予告します。


補助標識
  本標識(案内・警戒・規制・指示)に付置して、本標識の意味を補足しています。


○●○次へ○●○

●○●目次へ戻る●○●