大分みちフォトコンテストでは
たくさんのご応募ありがとうございました。
大分の道の持つ魅力、その一瞬を切り取った作品、
176点の中から
総選挙の投票結果を参考に、
「おおいた三つの輪 グランプリ賞」を
選出いたしましたので発表いたします。
また、総選挙でみなさんに選んでいただいた
各部門の入賞作品も
あわせて紹介いたします。

大分みちフォトコンテスト
応募結果について

おおいた三つの輪 グランプリ賞

癒しの夕陽

藤原良子(大分県豊後大野市)

画像をクリックで大きな画像を見ることができます。

作品のコメント夕陽をみるのが好きで、
いつも、いやされております。

おめでとうございます。 各市町の提供による地域の特産品を贈呈いたします。
(◎玖珠町より協賛「特産品セット」 )

道部門の入賞作品画像をクリックで大きな画像を見ることができます。

クリスマス・ファンタジー

安部 多美子(大分県別府市)

クリスマスイブの雨。雪ならすてきなのに・・・花火大会は中止?夕暮になり雨も止みポンポンと音が・・・あわてて一番近い朝見川の歩道橋に。帽子が飛ばされそうになり眺める花火は、10号線の光跡とからみファンタジー。働いてる人と花火を楽しむ人達が生活してる街。年の瀬を実感しながら、今年も色々ありましたが良い年でしたね。感謝しつつ家路です。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 71票

一本道

梯 ちか(福岡県久留米市)

息子夫婦に誘われておばあちゃんと私でドライブしてきました。
おばあちゃんがススキを見たいと言っていたのを息子が覚えていたようです。
途中の一本道が絶景で車を停めて写しました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 47票

別府よいとこ一度はおいで

寺本 成貴(三重県三重郡)

なぜ別府か?と言うと岩合光昭さんの写真集の中で見かけた「湯けむり猫」を自分も撮りたいというのがひとつ。
また別府と言えば路地裏を住処とする猫たちで有名ですが町の人たちと猫がどのような関わりを持っているか見てみたいと言うのがひとつ。
今回の旅で別府の人々の温かい人柄に接ししみじみ良い町だなと思いました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 44票

耶馬溪メイプルロード

今田 一典(大分県大分市)

旧耶馬溪鉄道の線路跡地を活用した耶馬溪メイプルロード。
鉄道トンネルにワクワクしなが、ペダルをこぐと、再びトンネルが現れる。
紅葉に染まった木々に包まれたような不思議で楽しいサイクリングロード

大分みちフォト総選挙 獲得票数 41票

別大国道と田ノ浦ビーチ

永田 英男(大分県大分市)

初夏の別大国道(10号線)、田ノ浦ビーチ付近を高崎山山頂下から撮影しました。海の青さが目立ちます。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 41票

一役買ってます

朱雀 和彦(福岡県福岡市)

車で走っていると特に気づくことも少なく、見過ごしてしまいがちですが、路面には様々な情報が書いてあります。国道10号には、幾何学的な模様と相まって見るからに美しい注意喚起がなされており、交通安全に一役買っています。上から見るとシンメトリック美が際立ちます。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 41票

道の駅部門の入賞作品画像をクリックで大きな画像を見ることができます。

遊びに来てネ!

平石 俊郎(大阪府豊中市)

道の駅くにみに立ち寄り、浜辺を散歩しました。遠目に船の形に見えていたのですが、近づいてみると船の遊具になっていました。海には、姫島が目の前に迫り、気持ちのいい浜べだなと思いました。道の駅“くにみ”に立ち寄り、海岸に足を運べば、こんな素晴らしいロケーションと楽しい遊具が待っていることをPRできたらなと思いました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 47票

去年も今年も200円!

和田 行正(大分県豊後大野市)

野菜が自慢の道の駅おおの。今年は台風や寒さで生産者さんとても苦労されています。それでも何度も植え替え、寒い中収穫しきれいに洗って一所懸命出荷してくださいます。大きさは昨年(左28年11/25撮影で正確には昨シーズン)には及びませんが今年もこんな白菜をお客様に提供できることを嬉しく思います。生産者の皆さんへの心からの感謝の気持ちと道の駅おおのの目一杯の自慢をこめて応募します。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 43票

縁の下の力持ち

中村 和貴(福岡県太宰府市)

原尻の滝は素晴らしい観光資源です。しかし、滝がただそこにあるだけでは、多くの人が訪れることも、地元が恩恵を受けることも難しいと思います。そこに道の駅を作り、この吊り橋のような周辺施設を整備したことによって、原尻の滝は一大観光地になったと思います。そのため、原尻の滝そのものだけではなく、これら周辺の設備ももっと大事にしたいと感じ撮影しました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 40票

拝啓、道の駅より

福井 勝利(大分県大分市)

当日は、晴れた日の昼すぎに道の駅に着き、車から降りる際は寒いと言うより身が引締る程の冷たさを感じた日でした。由布岳は冠雪しており、晴れているものの雲も多く、その雲のすき間から差し込む光と雲の影が織りなす山肌への様々な状況で、由布岳の山肌の表情が色々と変化して、ハート型に見えたり、手を指し伸す人に見える影など面白いと思い、カメラのシャッターを切りました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 38票

風景街道部門の入賞作品画像をクリックで大きな画像を見ることができます。

夕景の国道210号 庄内町

永田 英男(大分県大分市)

由布市挾間町篠原の大将軍神社先から、庄内町の国道210号沿いの夕景を撮影しました。田植え時期で田んぼが鏡のように光っています。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 42票

日常と非日常

笠置 栄子(大分県大分市)

真玉の夕陽
  行き交う自動車
 非日常の景色に感動している人

この光景が日常化している人
  いろんな人が通りすぎて行く。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 40票

人生上り坂

松元 舞(福岡県福岡市)

この日は晴天で青の洞門まで一人旅をしていました。
耶馬溪橋で撮影をしているとすーっと横を自転車が通っていき、その先を見つめると長い長い坂。まるで人の生きてく道かのように、長く、先が見えない上り坂でした。
上りつめた先にはどんな風景があるのだろう、過ぎ去る自転車を見つめながらそう思うも、バスの時間の関係もあり名残惜しくも去りました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 30票

市杵島の小鳥居と満月

下鳥 亨(東京都江戸川区)

お正月に帰省した際、テレビで奈多海岸の沖合に小鳥居があることを知り、帰京の搭乗前に奈多海岸へ寄りました。この日は、2018年最大の満月だったので、いつもより大きな月が鳥居付近から昇りました。今度帰省する際は、朝日を見に来ようと思わせる絶景がこの場所にありました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 28票

共存

森 康宏(愛知県愛西市)

初九州本土に現存する石橋の中でもとても好きな鳥居橋です。
写真のアングルで見る鳥居橋は奥に見える現代の九州道をも写り込み
大正時代の名橋と共存している様に伺えます。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 25票

道守部門の入賞作品画像をクリックで大きな画像を見ることができます。

道守活動

則松 辰也(大分県大分市)

別大毎日マラソン前日一斉清掃を実施!道守、国交省職員、うつくし作戦、賛助会員などおよそ150名が参加。
2kmの範囲で、ゴミ袋8個を回収。みなさんお疲れ様でした。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 87票

道守人の職人技

朱雀 和彦(福岡県福岡市)

杵築城のすぐそばを通っている国道213号(杵築沿海路)脇、車で走っていると見落としてしまう一画に、それはみごとな石灯籠と手入れが行き届いた松を見つけました。
杵築市のシンボルである杵築城のすぐそば(直下)でもあり、周辺はゴミ一つなく、道守の方々の熱意と職人技が光る心癒される場所です。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 78票

かわいいもの、み~つけた

半田 愛子(大分県大分市)

春になるとつつじが咲くこの道は、歩いていてうきうきします。
二歳になったばかりの娘が、お花を見るために何度も立ち止まっていました。かわいいもの・ピンク色のものが好きなのは、今も変わりません。
これからも、お花や自然に目をとめ、感性豊かに育っていってほしいと願っています。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 66票

ノッポとチビ丸

野田 ひろ子(佐賀県小城市)

まあるく剪定された低木とノッポなフェニックスが絶妙な配置!!

大分みちフォト総選挙 獲得票数 53票

春の訪れ

渋谷 恭子(大分県大分市)

雨降りの桜吹く時に、ぜひ訪れてみたい所でした。期待していたように優しい花、若葉、丸ポスト、石畳が静かに輝いていました。

大分みちフォト総選挙 獲得票数 52票

おめでとうございます。
受賞者には各市町の提供による地域の特産品を贈呈いたします。

優秀賞

◎竹田市より協賛「姫だるま」

佳作賞

  • ◎大分市より協賛「シティスパ招待券」
  • ◎別府市より協賛「温泉セット」
  • ◎中津市より協賛「6次ブランドセット」
  • ◎日田市より協賛「特産品セット」
  • ◎杵築市より協賛「杵築ブランドセット」
  • ◎由布市より協賛「瓶詰めセット」

※いずれか一品

各部門の応募作品

下記画像をクリックしてください