トップページ > 応募結果

大分みちフォトコンテスト 応募結果

募集期間:2017年12月1日(金)~2018年2月7日(水) 69日間
応募者数:97人(男性53人、女性44人)
応募総数:176点

部門別の応募数

応募が最も多かったのは、『風景街道部門』、次いで『道部門』でした。

応募者の年代

応募者は30代が31%と最も多いですが、幅広い年齢層からの応募が見られました。

大分みちフォトコンテスト 募集HP

2018年2月7日(水)をもって、みちフォトの募集を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

このフォトコンテストは、皆様の生活の一部となっている道について、
それぞれの目線で写真を撮影することを通じて、
道に関心を持ち、道を大切にする気持ちや沿道の美化活動等に
関心を持って頂くことを目的としています。

テーマ「道の魅力」

大分県内の沿道で見つけた道の魅力、道からの風景や人、動植物、観光スポットや思い出の風景など、今昔問わず受け付けます。

募集部門

募集している部門は以下の4つです。
入賞者には副賞として各市町の提供による地域の特産品を贈呈します。

クリックして詳細ページへ

運営について

主催3つの輪(道の駅×日本風景街道×道守大分会議)、共催 国土交通省 大分河川国道事務所・大分県内全市町です。各組織・団体の活動等についてくわしくは、リンクページからホームページへアクセスしてください。

チラシを見る

下記画像、もしくはURLをクリックしてください。

チラシをダウンロードする
(1.04MB)