背景を変更背景を黒に変更背景を白に変更
サイトマップサイトポリシー|文字サイズ小中大

Home > 環境保全への取り組み > 環境を守るための取り組み

環境保全への取り組み

環境を守るための取り組み

ロックくん ダムを建設することで、そのまわりの動物や植物に影響をあたえることになります。
 そこで、大分川ダムでは動物や植物への影響を少なくするために、国や県などの関係機関、学識経験者、地元代表者などが協力して色々な委員会を設置し、環境に配慮して工事を進めています。
汚濁監視委員会 また、定期的に環境の専門家が巡視し、工事現場の環境保全に努めています。

●委員会等

■七瀬川かわづくり懇談会

七瀬川は上流より大分県の管理区間、大分川ダムの建設区間、大分県の指定区間、大分河川国道事務所の国による直轄区間と、河川管理者が複数またがるので、関係機関、学識経験者、地元代表、漁業協同組合などからなる組織で、七瀬川の川づくりを検討しています。

■大分川ダムモニタリング委員会

地域の豊かな自然環境や風土に調和したダムづくりを推進させるため、幅広い分野について専門の学識者の指導のもと、環境に配慮した保全対策等を検討しています。

■大分川ダム猛禽類(もうきんるい)検討部会

専門の学識者の指導のもとに、クマタカなどの希少な動物の生息状況等の調査を行い、保護方針などを検討、実施しています。

■大分川ダム汚濁監視委員会

大分川ダムの工事による七瀬川の河川環境悪化を防ぐため、学識経験者、漁業協同組合、関係機関などからなる組織で、河川水の汚濁による河川環境の悪化を防ぐために監視を行っています。

●環境巡視

■大分川ダム環境巡視

湛水予定区域及び、その周辺の重要な動植物調査や工事現場における環境保全状況の把握などを行うために、平成7年度から定期的に「環境巡視」を行っています。環境の専門家による巡視を行い、改善を要する点や注意すべき点を指摘して頂いています。

環境巡視

毎週1回を目安として、念入りな調査を行っています

■大分川ダム環境巡視報告会

工事現場に現れたりする動植物に対して実際にどう対処し保全していくのかをより詳しく知るために、「環境巡視報告会」を平成16年度から開催しています。なお、対策の必要がある事項については、学識経験者の指導を受けながら、保全措置を行っています。

ヤマアカガエル・ニホンヒキガルの卵

土のうを積みつくった水たまりに、
ヤマアカガエル・ニホンヒキガルの卵が確認されました