ダムができるまで

ダムができるまで

ダム本体工事の流れ

平面図

転流工

ダム本体の建設中、工事箇所に川の水が流れると工事ができないため、水を迂回させるトンネル、1号上段トンネルと2号下段トンネルを建設しました。

縦断図

 

取水施設

取水施設は、標高176.4~154.5mに貯まる貯水量8,100千m3のうち、流水の正常な機能の維持と増進を図るため6,600千m3を利用、大分市の水道用水として1,500千m3を利用して補給します。
ダム貯水池の任意の深さから取水して、七瀬川に流します。

取水施設

 

材料採取

材料山から、主にコア・フィルター細粒材を採取します。コアとして火山灰や閃緑岩、花崗岩を採取、フィルター材として使用する花崗岩を採取します。
原石山から、主にフィルター粗粒材、ロック材を採取します。
材料山・原石山

 

掘削・基礎工事

A:ダムの基礎となる固い地盤の上にダムをつくるため、弱い岩盤や泥などを取りのぞく粗掘削を行います。
岩盤内の割れ目にセメントミルクを注入するブランケットグラウチングを施し(水が抜けないよう)遮水性を高めます。
本体基礎一次掘削

 

B:貯水池からの漏水を防ぐため、監査廊※の下部の基礎岩盤にカーテン状にセメントを注入するカーテングラウドを施します。
※監査廊とは、ダムの検査・点検のために使用する管理用の通路です。
カーテングラウチング

 

 

ロックフィルダムの盛立

1. スラリー(粘土に水を加えて泥状にした土)処理

岩盤の表面を水できれいに洗い、スラリーをブラシで塗りつけていきます。

コア材の盛立の方法

 

2. コンタクトクレイ(着岩材・中間材)の盛立

 

岩盤と接する最初の層は、粘土を専用の機械(エアタンパ)で入念に転圧します。その上部に少しずつ盛り立て、粘土をタンパや振動ローラで転圧します。

 

3. コア材の盛立

コア材の土砂を少しずつブルドーザで敷均し、振動ローラで転圧します。敷均・転圧を何度も繰り返し、ダムの所定の高さまで盛り立てていきます。

フィルター材の盛立
コア材を囲むように配置し、ダムの所定の高さまで盛り立てていきます。
ロック材の盛立
コアとフィルターを支えるために、頑丈な岩石をフィルターの両側に積み上げ、ダムの形が出来上がります。
 

付け替え道路

大分川ダムの建設に伴い国道、市道及び林道の付替道路の整備を行っています。
今後、市道、林道を整備することにより林道の整備効果に加え、ダム湖一周の周回道路ができ、ダム湖と一体となった観光効果を発揮するものと予想しています。

付け替え道路

付替林道

付替市道(建設中)

付替林道

付替林道(建設中)

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 大分川ダム工事事務所.All Rights Reserved.