大分川のいろいろな利用

大分川の利用状況

 大分市街部を流れる大分川は、市街地における貴重なオープンスペースになっており、河川敷を利用した散策、スポーツ、遊び、各種イベントに利用され、都市部における市民の憩いの空間になっています。

大分川の利用状況

▲大分川の憩いの場 拡大表示

 

さまざまな用途で暮らしを支えている大分川

 これまでの水利用に加え、新たな水資源の発展もさし迫った課題になっています。

大分川の水は、様々な利用がなされています。

 大分川の水は、多くの生物を育んだり、七瀬川、大分川において古くから農業用水や都市用水(工業用水、水道用水)として使用されています。

農業用水

大分川の流域外も含めて、農業用水として約8,500ヘクタールの農地でかんがい用水に利用されています。

工業用水

工業用水として大分市内で利用されています。

水道用水

水道用水として、大分市や由布市挾間町等で利用されています。

水力発電

水力発電として、芹川発電所をはじめとする14ヶ所の発電所による電力供給が行われています。

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 大分川ダム工事事務所.All Rights Reserved.